Happy Sweet

伝えないと、伝わらない

免許合宿に行った話

免許を取りました。

転職するために有給を消化しなければならなくて、その期間が暇だからということで、じゃあそんなにお休みがあるなら!免許を取りに行こう!ということで免許を取りに行きました。



今までも取りに行くタイミングは沢山ありましたが、なんだかんだ金銭的な理由とあとは自信のなさが一番にありました。

よくとったらまずいタイプだよねって言われてた。

あぁ、私はとらない方がいいのか、そう考えていたが持ってないと仕事の幅が狭まるということを転職中に実感し(田舎の営業は免許が必要なことが多かった)とることにしました。
自分自身に自信がないことはもうこの際だから諦めた。
学生の時ほどプライドは持ち合わせていないのでどうとでもなくなった。学生の時のプライドってなんたったんだろうか。


そんなわけで私は短期間で免許が欲しかったので免許合宿に行きました。しかも2月。一番混む時期。
ギリギリに行くことにしたのと年齢的な問題で(学生優先が多かった)6人部屋で2週間過ごすことに決まります。



まあ、それがきつかった。運転も最初から下手だったのでよく注意されることが多くて泣きそうになりながら行ってたけど、それ以上に他人との共同生活はきつかった。

そんな中で幸いだったのがみんな良い子だったこと。プライベートな時間がないのってキツい。
和室に敷き布団を敷くタイプの共同生活だったんだけど、その布団の中のテリトリーが自分の陣地。もちろんテレビが見たいとかも言えず、とにかく1日運転して学科を受けてっていうスケジュール。

毎日毎日電話してくれてた友達には感謝でしかなかった。ありがとうございます。
周りに買い物する場所もなくて、泊まってるところから駅まで行くのに20分かかるんだけどまた人通りが全然なくて、電車も一時間に1本だから気軽に買い物!なんてならなかった。もうひたすら1日でも早く帰りたかった。




そんな私ですが修了検定におちました。




自動的に1日この時間がのびます。
もう免許要らなくない?とか思うけどやっぱりお金がかかってるのでってなって耐えます。次の日ちゃんと受かりました。(でもこのとき落ちててよかったって今なら思える)


そんなさなか仲良くなった同室の子が先に卒業することになりました。先に来ていたので当然ですが、やはり悲しい。

私のあとには同室に誰も入ってきていないので必然的に私が今いるなかで最後に卒業です。修了検定落ちたからね。


みんなを見送りながらも路上での運転をこなし卒業検定


落ちました。緊張しすぎて路上でブレーキ踏まれました。


ここで我慢の限界が来て家に帰ることにしました。泣きまくる私にまあ、皆さん引くしかなかったので承諾していただきました。お昼一番で乗せてもらって東京までバスで帰ります。もう気持ちが重すぎてなんにも考えられなくて仕方なかった。
友達が一緒にご飯食べてくれて愚痴に付き合ってくれました。これが本当に嬉しかった。久しぶりの外食幸せでしかなかった。
次の日実家から往復4時間かけて卒業検定に行くことになります。



もちろん合格しました!!!!!!!!!

2日プラスで通うことにはなったけど!無事に!合格です!わーいわーい!




14+2日を通して思ったのは



共同生活は無理だ



ということに限る。もう二度とやりたくない。